【10/28】 「社会人のための IoT実践180分」 ~ 2つの「モノ」でIoTを実証するハンズオン

2017-10-28(土)13:30 - 16:30

江東区産業会館

東京都江東区東陽4-5-18

申し込む
あと2人参加できます。
モノクロスITのIoT開発キットお持ち込み(「社会人のためのIoT入門」などを受講された方)
10,500円 前払い
10,500円 会場払い
一般チケット
13,500円 前払い
13,500円 会場払い
※同日午前、「社会人のためのIoT入門」が開催されます。

~ IoT開発キットと2つのIoTマイコン付! ~

インターネットのIoTサーバー MQTTブローカーを介して、センサーの情報を「モノ」から「モノ」に伝える実証実験をするハンズオン。「モノ」と「モノ」との間のインターネットを介したJSON形式での情報のやり取りを実証しますので実践的な内容となります。

IoTマイコン2個 と Arduino IDE(アルディーノ アイ ディ イー)を使います。

ブレッドボード使用の IoT 開発キット、2個のWiFi機能付きマイコンモジュールと実証実験に使用のキットをお持ち帰りできます。

画像

※キットの部品は同等品に変更される場合があります。

対象

  • モノクロスITのIoTハンズオン(社会人のためのIoT入門など)を受講された方
  • Arduinoなどのフィジカルコンピューティングの経験のある方
  • 自分だけのMQTTブローカーを介したより実践的なIoTを実証したい方

※マイコンプログラミングが初めての方は、同日午前に開催の「社会人のためのIoT入門」をあわせて受講されることをお勧めします。詳細はこちら

この講座で習得するスキル

  • インターネットのMQTTサービスの使い方
  • cloudMQTTブローカーとIoTマイコン ESP8266マイコンの暗号接続
  • IoTマイコンとセンサーの接続
  • JSON形式のMQTTメッセージのプログラミング
  • IoTマイコンの電池駆動とスリープ(省エネ)モード

受講内容

  • Arduino IDEを使った IoT のソフトウェア開発環境の確認
  • センサー情報を読み取るプログラムの実証
  • cloudMQTTサービスへサインアップ!※(1)
  • センサー情報をMQTTブローカーへパブリッシュするプログラムの実証
  • MQTTブローカーから通知されるセンサー情報に応じてLEDの明るさを変えるプログラムの実証
  • IoTマイコン ESP8266の電池駆動とスリープモードの実証

※(1)cloudMQTTやネットワーク障害などのによりインターネット上のcloudMQTTが使用できない場合は、LAN環境に構築のバックアップMQTTブローカーに代替の場合がありますことをあらかじめご了承ください。

キットに含まれるもの

  • ESP-WROOM-02(ESP8266搭載)モジュール 2個
  • USB-TTL変換モジュール
  • USB microB ケーブル
  • ブレッドボード(中、小の2枚)
  • センサ
  • 電池ケース
  • 電池3個
  • その他電源部品、LED、抵抗や配線など部品一式

受講料

  • IoT開発キットお持ち込み料金(「社会人のためのIoT入門」などを受講された方)
    10,500円 (税込、ESP8266マイコンモジュール1台など追加分のキット材料費含む)
    ※「社会人のためのIoT入門」などでお持ち帰りのIoT開発キット一式をお持込ください。

  • 一般料金
    13,500円(税込、キット材料費含む)

開講日時

10月28日(土) 13時30分~16時30分

※同日午前、「社会人のためのIoT入門」が開催されます。=>詳細はこちら
※10月29日(日)、「センサーとサーボモーターでIoTのセンシングとアクチュエーションを実証するハンズオン」が開催されます。=>詳細はこちら

場所

江東区産業会館

定員

8名

持ち物

1. メールを受信できるスマホなど

※cloudMQTTサービスの無償プランへのサインアップで確認メールの受信と確認作業(メールに記載のトークンを含むURLのクリック)が必要です。
教室で用意するパソコンのプライベートモードブラウザでWebメールへアクセスし、メールを受信していだたくこともできます。この場合はWebメールへアクセスするための認証情報などが必要となります。

2. IoT開発キット一式

講座で使うパソコンは用意しますのでパソコンのお持込は不要です。

モノクロスITの「社会人のためのIoT入門」をご受講いただいた方で、Arduino IDEとSP8266コア、pubsubclientとArduinoJsonライブラリがインストールされ、ESP8266マイコンにプログラムの書き込みができることを確認済のパソコンをご持参の場合はご持参いただいたパソコンをご使用いただくこともできます。

お問い合わせ

info@monoxit.com

コミュニティについて
MONOXIT

MONOXIT

モノクロスアイティは「モノ×IT」をテーマに、IoTやプログラミング、フィジカルコンピューティング、インターネット、セキュリティといったデジタルテクノロジーをより身近にするための体験を提案しています。

コミュニティに参加